シコ & テッポウ for 健康運動指導士

2010年11月23日(火・祝)、(財)健康・体力づくり事業財団主催の健康運動指導士向けの講習会が、東京・有明にて開催されました!

午後からの講習会で、<相撲の動きから学ぶ体幹強化「シコ」「てっぽう」「柔軟体操」>という題目の2時間講習で、講師を務め、約40名が受講してれました!

20101123健康運動指導士1
シコの練習もたっぷり。さすが指導者の皆さん。慣れるのが早いです。
「国技」と呼ばれながら、極端に少ない競技人口。そして、多くの方が、シコの正しい踏み方を習ったことがありません。トレーニング用語で言えば、「シングルレッグスクワット」に近いトレーニングです。

20101123健康運動指導士2
まずは基本姿勢から。<腰割り>では、骨盤を立てた正しい姿勢で。
これは、バレエやピラティスとも共通した概念。

20101123健康運動指導士4
皆さん、テッポウにも挑戦。上体や腕のみならず、体幹が強化されます。
右手と右足を同時に前に出す「同側の動き」にも徐々に習得。

20101123健康運動指導士6
そして最後に蹲踞(そんきょ)。正しい姿勢のバロメータです。
受講者の皆さんから「最近の子供達は蹲踞ができない」との声も多く聞かれましたが、シコ・蹲踞・柔軟体操を日々実践することで、子供なら(=若ければ若いほど)柔軟性を回復できます。

受講生の多くが健康運動指導士の資格を持った方で、全国津々浦々の体育施設やフィットネスクラブ等での指導者しています。

相撲のシコ・テッポウ・摺り足などのエクササイズは、<特徴1>自分の体重を利用したトレーニング<特徴2>同側の動きを重視した日本独特トレーニングであり、筋トレ・バランス感覚・ストレッチ運動の3つの要素をづ時に行うファンクショナルトレーニングと言えます。女性のヒップアップや高齢者の転倒予防にも効果的です。

高齢者や初心者にも対応できる「シコ簡易版」も伝授しました。参加者の中には「アスリートや子供への指導にも活かしたい!」という人もいました!嬉しいです。参加者の皆さんが職場に戻って、シコ・テッポウをはじめとするエクササイズを活用していただけたら幸いです。日本には、こんなに素晴らしいエクササイズがあります。

健康運動指導士向けの講習会は、今回で3回目。やる気のある参加者が多かったので楽しかったです。皆さん、明日あたりにお尻と腿の筋肉痛が出ることでしょう。最後にみんな一緒にシコ20回を踏んで終わりました。

サンテプラス
www.santeplus.jp
坂田

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

坂田直明(サンテプラス)

Author:坂田直明(サンテプラス)
【Web】
www.santeplus.jp
www.kabukiglasses.com
【経歴】
立教大学時代は相撲部主将。1995年、松下電器産業(現パナソニック)に就職。ロシア滞在2年を含め、約5年旧ソ連マーケットに従事。サンクトペテルブルグでは、名門マリインスキー劇場に50回以上、通う。その後、フランスのHEC経営大学院に進学し、2003年MBA修了後、外資系タイヤメーカーにて営業部長を務める。

2006年、日本発世界向けのフィットネス企業を目指し、サンテプラス㈱を起業。相撲の「股割り」をヒントに「フレックスクッション®」を開発。米国に売り込みに行った際、ニューヨークのピラティススタジオで絶賛される。フレックスクッションは現在、多くのフィットネスクラブ、ピラティススタジオやプロ野球12球団+200名超の選手、メジャー4球団、多くのニッポン代表チーム+選手や、国内のみならず、米国陸上代表チームや米国シンクロ代表チームにも採用されている。

2013年3月27日、2年間の開発期間を経て、究極のオペラグラス「カブキグラス®」を発売開始。老舗劇場やスポーツ界にも徐々に広まる。百貨店等で販売されている。啓蒙に日々奮闘中!

中小企業大学校のゲスト講師や立教大学経営学部の兼任講師(2008)も務める等、「起業」に関する啓蒙活動もしている。

【趣 味】
・スポーツ全般/旅行
・バレエ&オペラ鑑賞/劇場
⇒海賊/バフチサライの泉/ドン・キホーテ
  バヤデルカ/カルメン/ルスランとリュドミラ

【好きな場所】
・神楽坂/京都/新宿御苑/西宮/沖縄
・露サンクトペテルブルグ/ソチ
・南フランス/米サンディエゴ

【好きなスポーツ】
・相撲(2段)/野球/山登り/ゴルフ/卓球

【悩み】
・桜の季節に花粉症(2008年~)

【座右の銘】
・"avec kiai"(空手の師匠の言葉)
・まずアクション。そこから臨機応変に!

カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク