四股(シコ)&Sumo Method @ 八王子メディカルフィットネスセンター

「八王子メディカルフィットネスセンター」の運動&リハビリの指導者向けに、相撲の「シコ」「腰割り」等の研修を実施しました!何百年と続いている「シコ」。相撲経験者は、エクササイズとしての良さに、ほぼ全員気付いている。しかし、普通の日本人は正しいシコの踏み方を知らない。

20130126_3.jpg
BEFORE: やはり、動きがぎこちない。徹底的に修正。

1時間30分みっちり、徹底的に「正しいシコ」に挑戦。とても真剣に取り組んでくれ、そして最後には、素晴らしいシコを皆さん踏んでいました!

20130126_Final.jpg
AFTER:最後は、皆さん、いいシコを踏んでました!

今回の目的は、この研修後に、八王子メディカルフィットネスセンターの指導者の方々が、患者さんやアスリートに対して、簡単な「シコ」を指導できること、でした。高齢者や初心者にもできる強度を下げた(=足幅を大幅に短くした)簡単なシコを中心に、自身が修得すること、患者に指導する模擬練習をしました。

足の角度、膝の向き、体重の乗せる場所、姿勢、軸足の伸ばし方、足の卸し方、呼吸、他諸々。
そう、シコは結構奥深いんです。

メディカル分野での運動&リハビリの指導者分野でも「シコ」が広がっていくこと、とても楽しみにしています!八王子メディカルフィットネスセンターの皆さん、ありがとうございました!
せっかく身近にある究極のファンクショナルエクササイズ「シコ」、老若男女問わず、シコが健康のために広がること、相撲の競技人口が増えること、願っています。

20130126_Final2.jpg
八王子メディカルフィットネスセンターの皆さんと記念撮影
ヨイショ!

あっ、言い忘れた。
シコを踏む前と後、フレックスクッションでストレッチしましょう!

サンテプラス
www.santeplus.jp
坂田

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

坂田直明(サンテプラス)

Author:坂田直明(サンテプラス)
【Web】
www.santeplus.jp
www.kabukiglasses.com
【経歴】
立教大学時代は相撲部主将。1995年、松下電器産業(現パナソニック)に就職。ロシア滞在2年を含め、約5年旧ソ連マーケットに従事。サンクトペテルブルグでは、名門マリインスキー劇場に50回以上、通う。その後、フランスのHEC経営大学院に進学し、2003年MBA修了後、外資系タイヤメーカーにて営業部長を務める。

2006年、日本発世界向けのフィットネス企業を目指し、サンテプラス㈱を起業。相撲の「股割り」をヒントに「フレックスクッション®」を開発。米国に売り込みに行った際、ニューヨークのピラティススタジオで絶賛される。フレックスクッションは現在、多くのフィットネスクラブ、ピラティススタジオやプロ野球12球団+200名超の選手、メジャー4球団、多くのニッポン代表チーム+選手や、国内のみならず、米国陸上代表チームや米国シンクロ代表チームにも採用されている。

2013年3月27日、2年間の開発期間を経て、究極のオペラグラス「カブキグラス®」を発売開始。老舗劇場やスポーツ界にも徐々に広まる。百貨店等で販売されている。啓蒙に日々奮闘中!

中小企業大学校のゲスト講師や立教大学経営学部の兼任講師(2008)も務める等、「起業」に関する啓蒙活動もしている。

【趣 味】
・スポーツ全般/旅行
・バレエ&オペラ鑑賞/劇場
⇒海賊/バフチサライの泉/ドン・キホーテ
  バヤデルカ/カルメン/ルスランとリュドミラ

【好きな場所】
・神楽坂/京都/新宿御苑/西宮/沖縄
・露サンクトペテルブルグ/ソチ
・南フランス/米サンディエゴ

【好きなスポーツ】
・相撲(2段)/野球/山登り/ゴルフ/卓球

【悩み】
・桜の季節に花粉症(2008年~)

【座右の銘】
・"avec kiai"(空手の師匠の言葉)
・まずアクション。そこから臨機応変に!

カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク