立教大ラグビー部からのレポート

名門・立教大学ラグビー部から、フレックスクッションの使用レポートが届きました!

立教大ラグビー部は、1923年創部の伝統チーム。昨年、対抗戦Aグループへの昇格を決め、今年は大学選手権への出場を目指している上昇チーム。更なる飛躍が期待されています。

以下、4年生の鈴木健太郎選手(FW)のレポートです。


「私は大学からラグビーをしていますが、これまでもスポーツをするにあたって体の硬さに悩まされてきました。体が硬いことによって疲れがとれにくく、またプレーの幅も狭まるのでなんとか克服したいと考えていました。そこで自主的にストレッチを続けていたのですが、なかなかその効果は現れませんでした。

もうこの体の硬さは変わらないものと諦めていましたが、このフレックスクッションに出会ったことが自分の硬い体を変える大きな転機になりました。試しに前屈を行ってみると、直接地面で前屈をするよりはるかに体が曲げやすく、裏腿の筋肉や背筋が驚くほど伸びとても楽に前屈をすることができました。ほかにも様々なストレッチ運動をやってみましたが、フレックスクッションを使うと、今まで誰かに背中を押してもらったり手を引いてもらったりしなければできなかったストレッチが一人でも簡単に、そして効果的に行えるようになりました。

フレックスクッションを使用し、1日15分ほど一週間毎日ストレッチを行ったところ、わずかな期間でも大きな効果を上げることができました。特に股関節の可動域には顕著な効果が現れました。以前はほとんど体を前に倒すことができなかったのですが、一週間後には可動域が広がったことにより自分のお腹が見えるほど体を倒せるようになりました。股関節の柔軟性はスクラムにおいて非常に重要です。強いスクラムを組むには低い姿勢が必要です。この低い姿勢をとるには股関節を開きひざを落とさなければならないのですが股関節が硬いと股が開かず足が棒のようになってしまい高く踏ん張りにくい姿勢になってしまいます。フレックスクッションを使い股関節の柔軟性を向上させることができたお陰で、踏ん張りの効く低いスクラムの姿勢をとれるようになったと感じています。また股関節だけでなく体全体の柔軟性が向上し、そのおかげで疲れが次の日に残ることはほとんどありませんでした。これからもフレックスクッションを使用してストレッチを続けていきたいと思います。

立教ラグビー

一番上の写真は股を開き前屈を行っている写真です。普通にストレッチを行うよりはるかに体を前に倒しやすく股関節が広がり裏腿の筋肉が大きく伸びているのが分かります。

真ん中の写真は前屈を行った写真です。地面で前屈をした場合、体が硬いため一人ではほとんど裏腿の筋肉や背筋が伸びていませんがこの製品を使うと裏腿の筋肉や背筋が大きく伸びていることが分かります。

一番下の写真は股関節を開くストレッチをしている写真です。この製品を使うことによりお腹が見えるほど体を倒すことができ股関節がより大きく開いていることが分かります。」


鈴木選手、詳細なレポートありがとうございました!
立教大ラグビー部の皆さん、対抗戦Aグループで、是非、旋風を巻き起こしてください!


サンテプラス
www.santeplus.jp
坂田

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

坂田直明(サンテプラス)

Author:坂田直明(サンテプラス)
【Web】
www.santeplus.jp
www.kabukiglasses.com
【経歴】
立教大学時代は相撲部主将。1995年、松下電器産業(現パナソニック)に就職。ロシア滞在2年を含め、約5年旧ソ連マーケットに従事。サンクトペテルブルグでは、名門マリインスキー劇場に50回以上、通う。その後、フランスのHEC経営大学院に進学し、2003年MBA修了後、外資系タイヤメーカーにて営業部長を務める。

2006年、日本発世界向けのフィットネス企業を目指し、サンテプラス㈱を起業。相撲の「股割り」をヒントに「フレックスクッション®」を開発。米国に売り込みに行った際、ニューヨークのピラティススタジオで絶賛される。フレックスクッションは現在、多くのフィットネスクラブ、ピラティススタジオやプロ野球12球団+200名超の選手、メジャー4球団、多くのニッポン代表チーム+選手や、国内のみならず、米国陸上代表チームや米国シンクロ代表チームにも採用されている。

2013年3月27日、2年間の開発期間を経て、究極のオペラグラス「カブキグラス®」を発売開始。老舗劇場やスポーツ界にも徐々に広まる。百貨店等で販売されている。啓蒙に日々奮闘中!

中小企業大学校のゲスト講師や立教大学経営学部の兼任講師(2008)も務める等、「起業」に関する啓蒙活動もしている。

【趣 味】
・スポーツ全般/旅行
・バレエ&オペラ鑑賞/劇場
⇒海賊/バフチサライの泉/ドン・キホーテ
  バヤデルカ/カルメン/ルスランとリュドミラ

【好きな場所】
・神楽坂/京都/新宿御苑/西宮/沖縄
・露サンクトペテルブルグ/ソチ
・南フランス/米サンディエゴ

【好きなスポーツ】
・相撲(2段)/野球/山登り/ゴルフ/卓球

【悩み】
・桜の季節に花粉症(2008年~)

【座右の銘】
・"avec kiai"(空手の師匠の言葉)
・まずアクション。そこから臨機応変に!

カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク