米国NSCA SSTCに出展@ナッシュビル その①

新年早々、アメリカのテネシー州ナッシュビルに飛びました!アメリカの約30州は訪問したことがあるが、今回のテネシー&ナッシュビルは人生初訪問となった。

ナッシュビルと言えば、、、
カントリーミュージックの本場
アル・ゴア元・米国副大統領の出身地
③名門・バンダービルト大学がある
④巨大展示会場Gaylord Oprylandがある


成田空港を出発し、シカゴ経由でナッシュビルへ。まず、シカゴでビックリ。空港から見た外の景色は「雪」。極寒の地だ。シカゴで4時間ぐらい待った後にナッシュビルへ。ナッシュビルに到着後、展示会場&ホテルであるGaylord Oprylandへシャトルバスで行く。


休む間もなく、すぐにバンダービルト大にタクシーで行き、J.A.先生を訪問。日米外交の生き字引であり、そして大の親日家。バンダービルト大学の日米協力研究センターにあるオフィスへ。ちょうど、飛行機の中で、J.A.先生の著書「よみがえる日本海軍」を読んだ。

なーるほど、こんな歴史があったとは。
日本の教科書で習う近代史とは、如何に簡潔すぎ、いい加減なものか。そんなことを考えさせれれる本だった。そして、国と国の友情は、表面的なものでなく、人としての友情や個人的交流が欠かせないことを学んだ気がする。

J.A.先生夫妻が町中での夕食に招待して下さった。秘書を務めるMさん、そして日本人留学生のSさんと一緒に。


久々に食べるアメリカン料理。特に「ポーク・リブが名産だ!」と言われ、挑戦してみる。濃厚なソースにトロけるような肉、おーうまい!


2001年~2002年の間、フランスに住んだ時、よくフランス人がアメリカンフードをバカにしていたのを思い出す。いや、なんのその、このポークリブは絶品!フランス人も虜になるのでは!ステーキタタールにも引けを取らない美味さ、そして、ボリュームでした!日本では「3人前」くらいとなるボリュームで、大満足。


食事の後、Sさんと2人で、ダウンタウンにあるカントリーミュージックのBARへライブを聞きに行く。そこでビックリ。

(事前予想)観客の多くが高齢者
(実際は。。)観客の多くが若者


カントリーミュージックは過去のものでなく、今でも脈々と続いているジャンルであることを実感。そう、日本の演歌もリバイバルしつつあるのも嬉しい話。良いものは自然に残るのだろう。


治安も良いナッシュビル。初日で食事&文化を堪能。そして、J.A.先生、Mさん、SさんのHOSPITALITYに感激し、充実した1日だった。そして、1日でナッシュビルが好きになりました!

<つづく>

フレックスクッション by サンテプラス
坂田
www.santeplus.jp

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
プロフィール

坂田直明(サンテプラス)

Author:坂田直明(サンテプラス)
【Web】
www.santeplus.jp
www.kabukiglasses.com
【経歴】
立教大学時代は相撲部主将。1995年、松下電器産業(現パナソニック)に就職。ロシア滞在2年を含め、約5年旧ソ連マーケットに従事。サンクトペテルブルグでは、名門マリインスキー劇場に50回以上、通う。その後、フランスのHEC経営大学院に進学し、2003年MBA修了後、外資系タイヤメーカーにて営業部長を務める。

2006年、日本発世界向けのフィットネス企業を目指し、サンテプラス㈱を起業。相撲の「股割り」をヒントに「フレックスクッション®」を開発。米国に売り込みに行った際、ニューヨークのピラティススタジオで絶賛される。フレックスクッションは現在、多くのフィットネスクラブ、ピラティススタジオやプロ野球12球団+200名超の選手、メジャー4球団、多くのニッポン代表チーム+選手や、国内のみならず、米国陸上代表チームや米国シンクロ代表チームにも採用されている。

2013年3月27日、2年間の開発期間を経て、究極のオペラグラス「カブキグラス®」を発売開始。老舗劇場やスポーツ界にも徐々に広まる。百貨店等で販売されている。啓蒙に日々奮闘中!

中小企業大学校のゲスト講師や立教大学経営学部の兼任講師(2008)も務める等、「起業」に関する啓蒙活動もしている。

【趣 味】
・スポーツ全般/旅行
・バレエ&オペラ鑑賞/劇場
⇒海賊/バフチサライの泉/ドン・キホーテ
  バヤデルカ/カルメン/ルスランとリュドミラ

【好きな場所】
・神楽坂/京都/新宿御苑/西宮/沖縄
・露サンクトペテルブルグ/ソチ
・南フランス/米サンディエゴ

【好きなスポーツ】
・相撲(2段)/野球/山登り/ゴルフ/卓球

【悩み】
・桜の季節に花粉症(2008年~)

【座右の銘】
・"avec kiai"(空手の師匠の言葉)
・まずアクション。そこから臨機応変に!

カテゴリー
過去ログ
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク